言語情報ブログ 語学教育を考える

主要部の決定が、両義的

Posted on 2010年11月17日

 今回の(17)The poor boy broke a carton of bottles.では、まず、話者の心中を表す形容詞poorを解釈して、それから、主要部の決定が係わる両義性を考えましょう。まず、poorですけれども、インターネット上で2つの英和辞典を検索に使えるサイトで、一方では8項目中7つ目、他方では8項目中6つ目と、かなり後に記載されている意義で、「かわいそうな」が該当し、「かわいそうにも」のように副詞的に解釈するのがコツでしょうか。
 そして、主要部の決定が関連する箇所は、(17)の目的語であるa carton of bottlesと考えられます。「文の主要部は、動詞(句)である」と言った場合の主要部は、やや異例で、主要部は、通例、名詞ですから、主要部候補は、cartonとbottlesで、これら両方が主要部になり得て、この決定から両義性が生じるのです。換言しますと、brokeの対象が、(i)cartonである場合と、(ii)bottlesである場合とがあり、それぞれが、AとBの解釈に、対応します。
A:かわいそうにも、その少年は、ビンが入った箱を壊した。(下線部の箱が主要部)
B:かわいそうにも、その少年は、1箱分のビンを壊した。(下線部のビンが主要部)
質問好きの方がいらして、Aの方の解釈で、「箱を壊して、ビンを壊さない」ことはあり得るのかとご質問を受けたことがありますけども、(2)Confidentially, did you like this textbook?で、聞き手の答え方と、話し手の尋ね方と、両義的ですけれども、この場合同様、両義的とは、両方同時を制限しないのではないでしょうか。
 次回は、次の(18)で、両義性は無論のこと、解釈の可能性までもご考察下さい。
(18)Tom hit Bob, and John hit him.

Comments (0) Trackbacks (0)

Sorry, the comment form is closed at this time.

Trackbacks are disabled.